WEBでのご予約 lineでのご予約

胃カメラ(胃内視鏡検査)

胃カメラ(胃内視鏡検査)について

口や鼻からカメラを挿入し、のど(咽頭)から食道、胃、十二指腸までを検査します。直接観察することにより、食道がんや胃がんの早期発見にとても有効です。また、逆流性食道炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの病気を診断することができます。以前に比べて検査にかかる時間も短くなっており、5-10分ほどの検査時間です。

最新の内視鏡システム導入

当院では、富士フィルム社製の最新内視鏡システムであるレーザー光線搭載『LASEREO7000システム』とLED光源搭載『ELUXEO7000システム』を導入しています。通常の観察に加えて、粘膜表層の微細な構造や血管を強調させる機能『BlueLASERImaging(BLI)機能』や、わずかな色の違いを強調して表示する画像処理機能『LinkedColorImaging(LCI)』を搭載し、より高度で精密な検査が可能になりました。“がん”や“炎症”の早期発見に有効な最新の内視鏡システムです。

検査の費用(概算)

診察料・使用薬剤・血液検査
約2,000円 〜 3,500円
胃内視鏡検査(検査のみ)
約4,000円
病理組織検査(追加費用)
約3,000円 〜 6,000円
合計
約6,000円 〜 14,000円

※健康保険を適用した3割負担の概算金額になります。

検査の流れ

自宅での準備

問診票を先にご記入してご来院いただけますと
検査当日がスムーズにご案内できます。

※問診票は当日、受付にてご記入もできます。

前日の食事

  • 夕食は夜8時頃までにはすませてください。
  • 胃の手術をされた方やご高齢の方、糖尿病がある方は、消化の良いものを軽めに召し上がってください。
  • 夕食後は水やお茶は飲んでいただいて構いません。

当日の朝

  • 朝食はとらないでください。水やお茶は飲んでいただいて構いません。
  • 昼からご予約の方は、朝食はスープやゼリー食を摂取し、昼食はとらないでください。
  • 朝のお薬がある場合は、朝の6時までに内服してください。
  • 糖尿病の方は朝のお薬を中止してください。
  • 服装はゆったりしたものをおすすめします。
  • ご予約の15分前にご来院頂けるとスムーズに検査することができます。
  • 鎮静剤を希望される場合は、検査当日のお車やバイク、自転車の運転を控えてください。

検査日に持参が必要なもの

検査日に持参が必要なもの

受付にて

  • 問診を行いますので、お薬手帳をお持ちください。
  • 紹介状や健診結果などがあれば一緒にご提出ください。
  • 貴重品はロッカーにてお預かりいたします。

検査前処理

  • 胃の中の泡や粘液を消すお水を飲みます。
  • 経口内視鏡の場合は、のどの麻酔をいたします。点滴をして検査直前に鎮静剤を注射します。
  • 経鼻内視鏡の場合は、鼻の麻酔をいたします。

検査

  • 検査時間は5~10分程です。
  • 必要に応じて食道や胃などから組織を採取します。
  • 経口内視鏡の場合は、ウトウト眠ったままで検査は終わります。
  • 経鼻内視鏡の場合は、検査をカメラモニターでご覧になれます。

検査後

検査後
  • 鎮静剤を使用された方は、1時間程回復室でゆっくりお休みください。
  • 画像をお見せしながら検査結果のご説明をいたします。